番外編SUPレース 後編

そうして初日

予定通りSUPのレースから行われる模様。

自分はサーフボードクラスに出場。コースは全長6Km。

「ウインドと同じく何事もスタート肝心」

頭の中はボードは放り投げると同時ジャンプして飛び乗るカイ・レニーのイメージ!

しかーし

イメージとは裏腹にいきなりズッコケ、ボードの横にどぼん・・・(無理でした)

後ろはキッズのみというなんともイケてないスタート・・・  

あとは何のテクニックなく自分はただ漕ぐのみ、ただただ漕ぐ

2,3分漕ぐともう無酸素状態で第一陣の苦痛が突然やってきた。

そこにジェットのエンジンを吹かせながらA師匠登場

A師匠「お”--!  がははーー!!

  ま―ーだ、200mしか来てないでーーー! がはははーーー!!

再びジェットのエンジンを吹かして去っていく。

A師匠のとてもありがたい声援をいただき、気持ちが萎えそうになるのを必死でこらえて漕ぎ続ける。

あとは地味―な展開。しかし使うパワーとスピードの比率悪すぎです。

MAXで30回漕いでも前の人との距離は50cmくらいしかチヂんでないんじゃないのかなと思ってしまう。なんとももどかしい・・・

そしてそして黙々とこぐこと約1時間。ついにフィニッシュ。

と同時にこみあげてくる 爽快感!

  自分が何位かなどどうでもいい、皆一様に走り切ったという一体感。

なんなんだ! この感覚は!!  これがSUPレースの魅力なのか??

    結果は 19人中12位(キッズ除く)  サーフボードクラス5人中3位

素晴らしい体験でした。A師匠ありがとうございます!

ただ、また来年出るかと言われれば・・・

オリンピック選手がよく言う「今はゆっくり休養をとってから考えたいと思います」

幸か不幸か、この日風がなくウインドは海にも出ることなしでした。

アーカイブ