どうする?

片付けも終わりあとは車に乗るだけの状態。

ローカルの方が「子猫が出てきたぞ。」と話す

見るとフラフラの小さな白いものが遠目にみえる。

いやいや、何も見てない!「マズイ」早く帰ろう。

誰かが何とかしてくれる可能性があるうちに早く出発しよう!車に乗ろう!!

昨年6月ちょうど1年前、11年間共に過ごしたティティーが亡くなりました。

今も大好きな存在。

他の動物だってもちろん好きだし、ワンコはなおさら

でも変かもしれないけど、触りたいけど我慢してきた

ティティーをほんの少しも色褪せさせたくなかったから

あれ以来ワンコもただ見てるだけ^^

なので今後は他の動物飼うことはないと決めてます!

「早く帰らないと!」とは思うもののここはかなり田舎、ウインドサーファー以外は全くひと気がないところ。

最寄りの民家までだって1㎞くらいはある。

2.3歩ごとに転ぶようなまともに歩けない子猫

片目は潰れているのか?開いていない。

風は吹き曝しだし野良達も住めないような場所・・・

それが運命なのか

「もうしばらくしたら声が小さくなるんよ」

「トンビの格好の餌になるんだよ」

「かわいそうに」

「悪い奴がいるんな~」

など聞こえてくる

もうやめて~~、もう僕帰りますから~~

必死で声を上げそして倒れながら開いてる片目で見える人めがけて進んでいく猫

誰だって連れて帰れない事情がある、そんな簡単なことではありません(>_<)

しばらくどうなるのか様子を見ていた。

そして間もなくして、ひと気の少なくなった駐車場でこの子の居残りが確定したようだった・・・

気が付けば妻に電話していた。「保護よ、保護!」

そうだ!飼うわけじゃない、これは保護だ!

家まで3時間半。ヨロヨロの状態。車に揺られて体力持つのか?

妻が子猫のミルク買ってきくれてて

翌日動物病院行って

只今生存中。とりあえず保護はしましたが・・・次は?里親探し?

どうする??

アーカイブ