偲ぶ日

一年前の今日がティティーがいなくなった日です。

延命処置というのは望みませんでした。

先生が薬のキットを持たせてくれて自宅で看病させてくれました。

ティティーの苦痛を取るためだけの注射でしたが

毎日、何度も何度も針を刺した・・・辛かったです。

何度も針を刺す場所は固く盛り上がり最後は刺す場所が無くなって盛り上がった場所に刺すしかなかった。

痛かっただろうな

針を見るとイヤそうなそぶりを見せるけど言い聞かせれば大人しくやらせてくれた。

ホントよく言葉のわかるワンコだったなー

ゴメンよー

使う予定だったけど未使用となった点滴キットとティティーにとって最後となった点滴

なんだかすぐにポイってできなくて・・・

今日、思い出しながら処分しようと思います。

今日の残りの時間、ティティーを偲んで過ごしたいと思います。

アーカイブ