つづき

僕と友人が道案内兼ねて救助船に乗せてもらい、残りのみんなは故障船。

あとはBANの船長さんにお任せして戻るだけ

ただ進行方向には巨大なタンカーも迫っている。結構際どい感じなので僕的には不安。

聞くと「これはタンカーの前切れるで」と船長のおっちゃん

こちら後ろに船を曳航中でノロノロ運転。

「え~、危なそうですけど💦」

そして確かに前切れたんですが近い、近い! 怖い! 

僕     「これって30,40秒差くらいですよね~」

おっちゃん   「30秒やな」

というかこの距離でタンカーの前にいたことないのでゾゾっとします。しかもタンカー速いし。

一つ間違えれば危なそうですけど・・・

続いて別のタンカー。

おっちゃん 「これも前行けるで!」

僕     「航路上でロープ切れたらえらい事ですよね💦」

おっちゃん 「はっ、はっ、はっ」

「プンっ」  「ん?」

振り返るとジャスト航路上で切れとるやないかい!

船上は騒然。

おっちゃんも急旋回。

結果気づいたタンカーが航路を変えてくれて助かりましたが、ウソみたいなタイミングってあるもんです・・・

アーカイブ